マスクをしていてもメイクでかわいく、明るくみえる

マスクとメイクで悩んでいました。どんなメイクをすればかわいく見えるのか、しっかりメイクは必要じゃないけどマスクをしていても魅力的に見えるメイク方法を調べました。マスクをすると顔の半分は隠れてしまいます。強調するのはお顔の上半分です。でもつけるマスクによってメイク方法は異なります。アイシャドウの色やお顔の色で暗い印象になってしまいます。

プレミオールスターターセット効果

私がつけることの多いのが「白の不織布マスク」です。私は普段、ブラウン系のアイシャドウをつけていますがマスク生活になってからいつものようなメイクだと顔の上半分が暗くなってしまいます。
だから「コンシーラー」で目元のくすみをしっかりカバーします。血色がよく見えるオレンジ系のアイメイクをしています。これで明るくなります。
マスクをしていると湿気で蒸れ、マスカラが落ちやすくなるのでノンマスカラです。マスカラが落ちて下まぶたにつくと目元のくすみが目立つし、暗く見えてしまいます。
アイライナーは赤みのあるブラウン系でやわらかい印象に仕上げます。マスクをつけると黒やこげ茶はきつく見えてしまうので避けています。
人前では外さないのでお顔の上半分は大げさなくらいハイライトをつけて明るくしています。

私のマスクをしているときのメイクのポイントは「とにかく明るくみせる」です。
肌の色目元を明るくみせるとかわいく見えます。今はマスクとメイクをたのしんでいます。