シミとの付き合い末永く

20代後半、「あれちょっとこれ何?」写真に写った自分をみて毎日見る鏡から気がつかなかったものを発見してしまった。
耳の脇にいらっしゃった茶色のシミ。

http://www.ispim-connects-ottawa.com/

「うそ~!全然きがつかなかった。これみんな気づいているよね」
20代でシミなんてできるのかとショックの気持ちでいっぱいだったことをいまでも覚えていいる。
そんな私は現在30代半ば。

20代で出現されたシミとともに沢山のシミが顔にひろがり、10年程の付き合いになりました。
シミって1つできるだけでも、若干老けてみえるよね。
悲しいけど、これが年齢を重ねるってこと。

10代後半から20代前半は日に焼けている自分に酔いしれ、ほとんど日焼け止めなんか塗ってなかった。
それどころが、焼けたくて、きれいに焼ける日焼け止めなんて塗ってた。

本当に若いころって先が予測できないから油断しちゃう人多いと思う。
後になって後悔しても何事もおそいんだけいどね。

年齢を重ねるってネガディブに捉えないで、シミも自分の友達としてこれからも先、仲良く付き合っていこうと思う。
お化粧で若干隠したりもするけど、すぐひょっこり見えてくるんだよね。
山だって地層を積み重ね、アンモナイトだったり色々な歴史を積んで世の中の人に昔の歴史を教えてくれる。

自分の山のように沢山の歴史(しみだけどね)を積み上げて色々語れる女性になりたいな。