体重をとりあえず10キロ痩せたい方へ実録

自分の体重は105キロ(男性)でした。特に運動もせずに日々を暮らしていましたがこのままでは本当にいけないと思い真剣にダイエットを始めてみました。
まずは無理をしない事を条件に日々毎朝6時には必ず起きて朝食はフリカケをまぶしたオニギリ2個と麦茶・お昼はご飯とコロッケと唐揚げ・夜は味噌汁、おかず、サラダという風に始めてみました。夜寝るのは朝が早くなったので基本夜10時にはねておりました。

シボルを続ける効果

大事なのは日中は汗をかく事とこまめな水分補給、お腹が空いても途中で間食をせずに決めた時間に必ず3食きちんと食事をとる事を守っていました。
お腹が空いて時間通りご飯を食べて寝る前の30分位のストレッチ、後は良く汗をかく事。これを1か月さぼらずに毎日続けました。結果翌月体重計を乗ると94キロとなっており自分でもびっくりしました。

ダイエットは断食したり無理な運動をするより大事なのは規則正しい食生活ときちんと睡眠を取る事と間食をしない後はよく汗をかく事だと感じました。特に寝る前のストレッチはその日の疲れもとれて心地よい伸び感でぐっすり眠れました。お金をかけずにまずは無理なく生活を規則正しく見直していく事がダイエットの基本であると思いますので体重を落としたい方はまずは生活改善から始める事をおすすめ致します。もちろんリバウンドにはくれぐれも注意してください。

シワとシワとが、であう様に重なっていて驚きます

わたしは母親に子供の頃、くっつくように横によく居ました。シロジャムの真の口コミ
母親がたのおじいちゃんからも、「金魚の糞」とさえ言われたことも再々あります。

わたしの目が丸くて大きいので、近所の人もお上手で
「まあ、かわいい」
子供を産んでからも、お上手もあり丸顔のために
「若く見える」等と言ってもらったりして、娘とわたしは人の言葉にのせてもらっていました。
今考えても有り難いお言葉と感じます。

それが特に、65歳の手前くらいからは
ついに女性として、嫌な時期がきました。

ほうれい線の下側から、お口元の周辺にはシワをつくってしまいました。
元々はふっくらとしたほっぺでの、お顔つきではありませんから、
ほうれい線はつくらない様にと、気を付けてはいました。

口角をあげるフェイストレーニングも、現在にいたるまでには頑張ってはいたのです。

それについていかなくて、ほうれい線の下側から出る、放射状になる様なシワです。

また目のまわりのシワも、増えることで嫌な思いをしています。

上まぶたの目じりあたりから、眉に向かって縦のシワがあるのです。

目の下側には、目じりから斜めにまた目頭からも斜めにとシワがであっているのです。

フェイストレーニングも、スキンケアもしているのに、
年相応のシワとも感じられますが、嫌になります。

お金に余裕ができましたら、一番にしたいことして
プラセンタを抽入したいのです。

特に夏場のワキの臭い

特に誰かから指摘されたわけではないのですが、私自身臭いに敏感で、他人のイヤ~な感じの体臭はもちろんのこと、自分自身の体臭を他人様に迷惑をかけないように、自分で自分の臭いで不快に感じないように普段から気を付けていました。薬用スクラボの口コミと効果を暴露!
でも夏場はどうしてもワキ汗からくるクサーい臭いに長年悩んでいました。誰から指摘されるわけでもないので、気にさえしないでおけば何の問題もなかったのですが、なにせ臭いに敏感な自分は気になってしょうがなく、男性ですが思い切ってワキ脱毛を決意し、実際に脱毛サロンでワキ脱毛を完了させました。

そうすると、ワキに汗はかきますが、イヤ~な臭いが全くと言って良いほどなくなりました。

脱毛をする以前は、ワキ汗がワキの毛に付着して、特に夏場はワキにこもって菌が増殖して、イヤ~なワキの臭いになっていたのでしょう。ホント思い切ってワキ脱毛して良かったと思っています。更にTシャツからはみ出るワキ毛もなくなりましたし、今ではワキは毛がなくつるつるなのですが、女性のように長年ワキ毛処理(カミソリにて)行ってはおらず、ワキ肌を痛めていた訳ではないので、自分でもびっくりするくらい白くてキメの細かいワキをしています。

クサいワキ臭に悩んでいる場合には、ワキ毛脱毛をする事もひとつの方法だと思います。

【口臭改善】口臭を極力減らす方法

日本は他国と異なり、キスをはじめとしたコミュニケーションを行う頻度が限られてくるため、口の中のケアがおろそかになりがちです。

http://www.diadeloshumedales.com/

今回は口臭がするかも・・・と悩んでいる読者の方々、あるいは口臭に悩んでいる方々に自宅でおこなうことができるケアをご紹介いたします。

・歯磨き
当たり前ですが、歯磨きは基本中の基本です。
歯垢が歯のスキマに溜まり、口臭だけではなく虫歯や歯周病の原因にもなります。
可能であれば10分前後、歯磨きをするように心がけましょう。これだけでもかなり改善します。

・水を飲む
水!?と思われる方も多いですが、水は臭いが一切しません。
水を飲むことによって、臭いの物質となるものを流してくれたり、口の中の感想を防いでくれます。
それだけではなく、水を飲むことによって血液の循環がよくなったりと、デメリットが何一つとしてないことがあげられるため、飲まない理由がないのです。

・食生活を見直す
ニンニクや油料理といった、臭いのもとになる食べ物を食べ過ぎてしまうと胃や腸の環境が悪くなってしまいますので、日々の食生活が偏りがちな方は見直すといいでしょう。
上記のことをやっているのにも関わらず、口臭が一向に改善しない場合は自身の生活習慣を見直すことが重要です。

・それでも解決しない場合は
口腔がんや蓄膿症といった重い病気が隠れている可能性があるため、一度歯医者にかかることをおすすめします。

体を中から温めて美味しく痩せる

スープダイエットが私的には1番効果的!

夜だけスープに置き換えて、日中は通常通り。https://tips.jp/u/sayurin/a/gyugyugyu

おやつも通常どおり食べてました。

体重は53キロから気付けば44キロとかなり減。

具体的にどんなスープかというと、まずなるべく油系は使わず野菜類は煮るかレンチンでやわらかくします。

肉類は使うので、あれば鳥、ウィンナー、ベーコンくらい。コクを出すためにバターを使いたいところですが、バターは使わずとにかく野菜たっぷりの野菜の甘味で美味しくいただくと言うことが大事。

スープの出汁は和風とコンソメが主体。

中華の鳥だしも美味しいのですが私はどーしてもごま油をいれたくなるのであまり利用しませんでした。

時には和風+生姜。時には和風+味噌+牛乳ベースでこっくりと。

時には豆乳を使いよりヘルシーに。

コンソメに牛乳だけでも海鮮いれればクラムチャウダー風。

がっつきたい時はスープと言うより1人鍋にチェンジ。

スープの具材と味はバリエーションが効くので飽きずに続いてました。

ダイエットをするぞ??と言うより、スープにハマってました。何より朝も昼も好きなものをガッツリ食べると言うこともありストレスもありませんでした。

美味しく食べてて気づけばマイナス9キロ。

まさにタナボタなダイエットでした!

スープダイエットは夏に涼しい部屋でするのが私のオススメです。

正しく保湿して肌年齢を若返らせる!

出産してから、シミが増えました。20代の頃、UV対策はほとんどしてこなかったので、そのツケがきているのかもしれません。

https://tips.jp/u/sayurin/a/porash

初めて美白効果のある化粧品を買ってみたので、正しい化粧水のつけ方について、リサーチしました!

化粧水は、たっぷりつけることが大切です。

1度にたくさんつけるのではなく、少しずつ重ねづけしていきましょう。

コットンでもよいのですが、私はいつも手でつけています。手に化粧水をとり、まずは優しく馴染ませて、ポンポンとパッティングし、肌に浸透させていきます。

ここで、力強くパッティングしすぎると、肌への負担になってしまいます。優しく、少しずつつけることを、意識しましょう。

手に肌がはりついて、モチっとした感触になるまで、化粧水をたっぷりつけたら、乳液でフタをします。

乾燥は、ターンオーバーを妨げる原因になってしまうため、日々の保湿はしっかりしておきたいですね。

ちなみに、ターンオーバーの周期は、年齢×1.5倍で目安を計算することができますよ。

私の場合は、約2ヶ月…。逆算しないでくださいね(笑)スキンケアの、効果が出るまで、このくらいの日数がかかります。

今までズボラで女子力なんて皆無だった私ですが、根気よく頑張ってみようと思います!

男性の肌について

男性の肌について

私は10年間程サッカーを行なってきました。もちろん外でサッカーを
行なっていたので当時は健康的な茶色でとても良い印象でした。
しかし30歳を超えてきた時から違和感を感じ始めました。
腕の日焼けあと、顔の日焼けあと、そばかすのような物がとても目立つようになりました。
当時はケアも何もしておらずただタオルで汗を拭いてお終い。でした。
そのことが一番ダメでしたね。

ちゅらかなさは評判以上!私の口コミ体験談や使用した効果などをご報告!

化粧水や乳液をつけ始めたのが社会人になってから。今思えば手遅れでしたね。
また最近インターネットで検索したら、何と女性より男性の肌の
方が肌のバリア機能が低いとのっていました。
手入れ不足になりがちな男性の肌はバリア機能が低下しやすいそうです。
正に私だと感じました。

男性は女性に比べ先程述べたバリア機能が低下しやすいことと皮脂が多く、水分が少ないと言われています。何となく想像つきますね。
その要因は「髭剃り」です。
私はそこまで髭はないのですが髭剃りにかかる時間が長い人ほど肌荒れがするそうです。

なので私の毎日のスキンケアは当たり前ですが
まずは洗顔。しっかりと泡を立てて行う。
次に化粧水。肌に吸わせるようにつけています
そして最後に忘れがちな乳液をつける。
乳液をつけないとすぐに化粧水が蒸発してしまうので乳液が欠かさずつけています。
これが私のスキンケアです。

髪の毛は多くても悩みはたくさん

よく贅沢な悩みだと言われますが、髪の毛の量が多くて困る時がたくさんあります。

ヘアージュの本音の口コミとは?効果や使い心地などを完全レビュー!

髪の一本一本が太く、硬い質のせいで一度クセがつくとシャンプーをしないと戻らないくらいなので、寝グセがついてしまった朝など最悪です。

さらにクセ毛のためヘアアイロンでもまっすぐストレートにするのは困難です。

美容院で相談しても自宅でのケアだけでは限界があるので、頻繁にサロンのヘアケアを受けないと悩みは解決しないと言われてしまいます。

加えて若いころから白髪も多くカラーも頻繁にしなければなりません。

とは言っても決して安くない美容院でのカラーをやっても色落ちが早く、すぐに白髪が目立ってきてしまいます。

職場の人に指摘される事もあるほどでさすがに直接言われると気分も落ち込みますね。

白髪が目立つとそれだけでとても老けて見えるし、清潔感もなく見えるのでもちろんこまめに美容院に行けるなら行きたいですが仕事も忙しいしお金もかかるしでなかなか行くことができません。

そこで市販のカラー剤で染めてしまうこともあるのですが、白髪には色がしっかり入らないし元々色落ちも早いので、髪を傷めるだけで終わることになります。

完全に白髪染めにしてしまうとプロでも色の調節が難しいと言われ、美容院ではファッションカラーと混ぜて染めてもらってはいますが、やはり白髪だけ色落ちが早いようです。

仕事柄、髪色の明るさにも限界があり最近は諦めて髪を結ってしまい、せめてボサボサと老けた印象にならないようにしていますが、髪型や髪色は気分転換の効果もあるし全く変えられないのは悲しいです。

年齢とともに髪質が変わってくると言われましたが、毛量も髪質も細くなったりして落ち着いてくれる様子もまだありません。

逆の悩みの人からするとやはり贅沢な悩みと言われるかもしれませんが、お金をかけて芸能人のようなスパンで美容院に行くのは無理があると考えると、髪の毛の量が多いというのも意外に大きな悩みです。